スキンケアの正しい方法について

スキンケアでの洗顔の意味について

 

肌には毎日様々な汚れがつきます。その汚れは肌の皮脂と結びついて固まり、肌に色々な悪さをします。肌をきれいな状態に保ち、いつまでも若い状態を維持するために、まずは洗顔のやり方について考えてみないといけません。肌は常に再生と死滅を繰り返していて、いつまでも新鮮な皮膚が覆っている状態を保つことができています。これがターンオーバーです。ターンオーバーが正常な周期で行われていれば肌なんてそうやすやすと老化はしません。ただターンオーバーを正常に保つということは簡単なことではなく、生活のリズムが崩れがちな現代社会では意識していても難しいかもしれません。洗顔は古くなり死滅した細胞を洗い流し、ターンオーバーで新しく作られた皮膚が表面を覆うようにするために行います。いつまで汚れた皮膚が肌の表面を覆っていたら、その下の新しい皮膚までだめになってしまいます。洗顔できれいになった肌は栄養を吸収しやすい状態になります。肌は潤いを保つためにも、細胞を作るためにも栄養が必要んなりますが、化粧水に含まれている成分は洗顔することで始めて肌に浸透します。スキンケアの中で洗顔というものは非常に大きなウェイトを占めているのです。洗顔を行っていないという人が中にはいますが、洗顔を行わずにスキンケアが効果を発揮することはありません。毎日スキンケアをしているのに肌がぜんぜん良くならないという人は一度洗顔というものを見直していたほうがいいかもしれません。
この間読んだ雑誌で、頭皮も顔とつながっている皮膚の一部なので、きちんとケアをすると美肌効果もあるのだという記事を読みました。何の雑誌だったかは忘れましたが、その内容が気になって、美容室 ヘアサロン 辻堂 カット カラー デジタルパーマ 人気 予約に行ったときにスタイリストさんにちょっと聞いてみたんです。するとやっぱり頭皮をきれいにすると顔のしわやしみ、新陳代謝なんかも全然変わってくるのだそう。また、顔がてかりやすいなんて人は顔の乾燥にのみ目を向けている人が多いみたいですが、頭皮の乾燥を防ぐようにするだけで顔のてかりが少なくなるんだとか。顔だけお手入れしてもつながっている地肌も一緒にケアしてあげないと効果が半減ということもあるのでしっかりとしたケアをしてあげるといいですよと言われました。具体的には今よくCMなどでも見かけるようになったスカルプシャンプーのようなもので地肌をしっかりと清潔にすること。できればアミノ酸系と呼ばれるちょっと高めのサロンで売っているようなシャンプーを使うと地肌に刺激が少なくていいとのこと。そして、顔のスキンケアと同じように、しっかりと汚れを落としたら化粧水や乳液を使うように、地肌にも美容液のようなものをつけて保湿すること。最近はドラッグストアでも地肌専用の美容液なども売っているのでそういったものを使うといいそう。清潔な地肌はしっかりと美容液の成分が浸透するので、かなり効果が上がりますとのことでこれから3ヶ月くらいはとりあえず毎日マッサージと共に美肌目指してスカルプケアしてみます。