スキンケアの正しい方法について

スキンケアを始める前に自分の肌質とケア方法を確認しておこう

肌のケアで大事になってくることですが、肌の質を見極める事と肌に合わせたケアを行うことが必要です。良くスキンケアの方法等が紹介されていますが、自分の肌も同じようにやっていいんだと考えてそのまま試してみたら、肌荒れがひどくなってしまったなんてこともあります。紹介されていたスキンケア方法が間違っていたのかと思ってしまうかもしれませんが自分の肌質とその肌に合わせたケアを正しく行わなかったということが原因となるケースが多いです。肌のタイプには、水分も油分もバランスのとれた普通肌、油分が多くところどころ乾燥も見られる混合肌、油分も水分も多い脂性肌、油分も水分も少ない乾燥肌があります。乾燥肌の人が脂性肌の人と同じケアをしてしまうとスキンケアは全く効果を発揮しなくなってしまいます。八潮 美容室普通肌の人が通常のスキンケアをしているとしたら、混合肌の人は皮脂の多くなるTゾーンを中心にしっかりと洗いつつ、皮脂の少なくなる目元等は洗いすぎてしまわないように気を付けないといけません。乾燥肌のように水分も油分も少ないといった人は水分をしっかりと補給し、保湿もしっかりと行なう必要が有ります。脂性肌のように皮脂が多い場合は保湿に力を入れ過ぎるとべたついてしまうこともあります。肌の質とその肌の正しいケア方法を理解していないと間違ったケアで肌の状態はさらに悪化することになります。まずは自分の肌質を考えた正しいケアを学びスキンケアを行なっていくようにしてください。
美肌を維持するために、毎日のスキンケアを欠かさずに行っている人は多いと思います。スキンケアでは洗浄、保水、保湿を行い、肌から水分が逃げないように潤いを保ったり、毛穴に細菌やごみが入り込まないようにバリアをしてあげたりします。このスキンケアは肌の中でも特に表皮のために行われています。肌は3つの層によって成り立ちますが、一番表面にあるのが表皮です。非常に薄くてもろいため、あまりにも強い刺激を加えると傷んでしまいます。良く肌にはコラーゲンやヒアルロン酸が必要といわれますが、この二つの成分が働くのが表皮の下にある真皮です。肌には弾力がありますが、この弾力は真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸によって生まれます。スキンケアでは残念ながら真皮のケアをおこなうことはできませんが、食事からコラーゲンなどを取ることで真皮が作られていき、ターンオーバーは正常に機能していくようになります。真皮のさらに下の層、皮下組織では血管によって栄養が運ばれたり、老廃物が運ばれたりしています。皮下脂肪によって作られていて、エネルギーを蓄えたり、熱が逃げないように守る働きもあります。肌の構造なんてあまり興味がなかったなんて人もいるかもしれませんがスキンケアをするなら自分が肌のどこをケアしているのかを意識してケアをすると効果も少しだけ違ってきますし、丁寧にスキンケアを行えるようになります。肌そのものの働きを理解して美肌作りをがんばってみてください。